2006年12月30日

カイザーソード(大)

powerful_speed.jpg

今回ちょっとピントあってなかったりしますが許してください。
あと上の画像はムゲンバインのビルド合体シリーズ2体で組んだヤツです。
このシリーズは本当に出来がいい・・・弄っていてムゲンに組み合わせられる・・・。



さて、ようやく撮りました。
グレートエクスカイザーです。


○MPB-02 グレートエクスカイザー

g_exkaizer1.jpg
合体直後の状態。これだと可動にドラゴンカイザーの腕が干渉します。そこで、
g_exkaizer2.jpg
このように取り外すことも出来ます。こうすると動かしやすくなりますし、肩のドラゴンカイザーのパーツも外れにくくなります。


g_exkaizer3.jpg
両手には、カイザーソードとドラゴンアーチェリーを持たせることが出来ます。
可動自体もキングエクスカイザーに匹敵するほど動くので、最終回のバトルも再現できるかと(ダイノガイストがないので僕は出来ませんが)。



t_flash1.jpg
「カイザーソード!!」

t_flash2.jpg

t_flash3.jpg

t_flash4.jpg

t_flash5.jpg

t_flash6.jpg
「サンダー・・・フラァァーーッシュ!!」



カイザーソードの大きいバージョンは、グレートエクスカイザーを遥かに超える大きさです。それはもう、カメラに収まらないくらい。

ホントにタカラはバカだわぁ(ほめ言葉)。

手のパーツを取り替えれば、あのカイザーソードの巨大さがよくわかる、劇中のバンクの場面も再現できますよ。



t_flash7.jpg
「勝負だ・・・ダイノガイスト!」


キングエクスカイザーの顔を差し替えで取り付け可能です。このため、最終回のあの印象的なラストバトルも再現できます。至れり尽くせりで素晴らしすぎデス。





まとめ。
可動:90点
ギミック:100点
塗装:90点
プロポーション:80点
価格:100点
総合:92点

合体、必殺技再現可能。更に仕込まれた様々なギミックで、劇中の細かな描写も再現出来るようになっています。塗装は若干微妙な部分もあるのですが、大体良好。価格に関しても出来がいいため文句はありません。
難をつけるとすれば、腕の細さと位置。位置がちょっとズレてる気がしますし、細すぎです。もっと太いのイメージしていたので(当時の玩具なんて、ドラゴンカイザーの胴回りそのものでしたから)、ここだけは残念です。

しかし、全体的にとても出来がいい玩具であることは間違いありません。

何より、子供のころ大好きだったグレートエクスカイザーの玩具が手に入っただけでもう大満足ですヨワタシは。
今年はとてもいい年でした。来年もこんないい玩具が出ることを期待しています。
posted by るーべ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。